令和2年度募集要項

子どもを一人の人間として見ることとは。

私達は普段から信念を持って保育に臨んでいます。

その思いを知って頂き入園に臨んでいただきたい。

近年行政も含め、保育サービスと言う、楽で、便利で、長く預かる、無責任な風潮が当たり前のようになっています。保育とはサービスではなく、同じ価値観を共有する保護者と対等の立場で補いながら、子どもを育てる事です。保護者や保育者の役目は、子どもの前に立ちはだかる全ての壁を取り除く事でもなく、子どもを思い通り従わせることでもありません。この事を理解し共に子どもの為に汗を流していただきたいと思います。理事長 林弦矢

今から96年前に 詩人 カリールジブランは一つの詩を残しました。

子どもについて

赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。
どうぞ子どもたちの話をしてください。
それで彼は言った。

あなたがたの子どもたちは
あなたがたのものではない。
彼らはいのちそのものの
あこがれの息子や娘である。

彼らはあなたがたを通して生まれてくるけれども
あなたがたから生じたものではない、
彼らはあなたがたと共にあるけれども
あなたがたの所有物ではない。

あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、
あなたがたの考えを与えることはできない、
なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。

あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが
彼らの魂を宿すことはできない、
なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、
あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。

あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、
彼らに自分のようにならせようとしてはならない。
なぜなら命はうしろへ退くことはなく
いつまでも昨日のところに
うろうろ、ぐずぐず、してはいないのだ。

あなたがたは弓のようなもの、
その弓からあなたがたの子どもたちは
生きた矢のように射られて、前へ放たれる。
射る者は永遠の道の上に的をみさだめて
力いっぱいあなたがたの身をしなわせ
その矢が速く遠くとび行くように力をつくす。

射る者の手によって
身をしなわせられるのをよろこびなさい。
射る者はとび行く矢を愛するののと同じように
じっとしている弓をも愛しているのだから。

 


令和2年度募集要項

願書配布 令和1年10月15日より10月31日まで 平日8時から16時  願書代1部2000円 配布枚数に制限はありません。
※願書代2000円の領収書は願書受付時の選考料2000円に充当いたします。

願書受付 令和1年11月1日(金)午前9:00より

〇募集人数

年少組(3歳児) 66名 平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ

年中組(4歳児) 10名 平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ

年長組(5歳児) 06名 平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ

選考料2,000円 願書代として2,000円をいただいた方は必要ありません。

〇入園金(施設整備費)

年少組3年保育 72,000円(入園手続き時に納入)

年中組2年保育 48,000円(入園手続き時に納入)

年長組1年保育 24,000円(入園手続き時に納入)

※転園、退園された時点で、残りの月割り分を返金いたします。

〇入園受入準備費  25,000円(入園手続き時に納入)返金いたしません。

〇入園後の月額費用 特定保育料(保育料無償化に含まれない保育料)園独自の保育に対する保育料1ヶ月1,500円

〇スクールバスを利用する場合 月額3,300円 (年額を月割り)

〇その他、個人的に使用する教材等は別途となります。

その他詳しくは令和2年度入園要項をご覧ください。